子供が水泳を習うメリット・デメリット!

子供から大人まで健康にいいと呼ばれるスイミングは、水中で体に負担をかけない上、多くのカロリーを消費したり、体を強くするともいわれています。

今回はそんなスイミングを子供の習いごとにするメリットや、スクールの費用などを詳しく紹介していきます。

子供がスイミングを習うことメリット?

スイミングを習うメリットは、子供の発育を促進する点です。

人の成長は3歳~6歳までの期間を第一次ゴールデンエイジと呼び、この期間に運動をしていると、神経系の発達が著しく良くなるということがわかっています。

その第一次ゴールデンエイジに、水の中で運動することで空間認知能力がつき、バランス感覚も養われるので、運動神経の良い子に育つでしょう。

また、一般的に他のスポーツは効き手や、効き足などを多く使ったりと、左右の筋肉に違いがでてきてしまいます。しかしながら、スイミングの場合、泳ぎの形を想像しても分かる通り、平泳ぎ、クロール、バタフライ、背泳ぎなど、どの泳ぎ方も左右同様に体を動かす運動になり、バランスのとれた筋肉をつけることができるので、成長過程で体に歪みが起きにくくなるというメリットもあります。

心肺機能も鍛えられる

体の機能として心肺機能や、肺活量も通常のスポーツより鍛えることができます。そのため水泳は喘息のある人にとってもいいと言われています。

また、プールの中にいることで、体温調節機能が活発になり皮膚や体が強くなり、風邪をひきにくくなるともいわれています。

しかし、塩素が入っているため、髪の毛や皮膚が乾燥するので、お風呂から上がってからの保湿などを意識して行うことが大切です。また、水泳をすれば多くのカロリーを消費し、食べる量が増えたり、身体の疲れによって深い睡眠をとれるため、より健康的な生活をすることができるできます。

スイミングスクール選びで気を付けたいこと

スクール選びのポイントとしては、無料レッスンに通うことをお勧めしています。でも、そこでいい先生に教えてもらったとしても、入会してから教わる先生が違ったなんて事もあるようです。

なんだか嘘みたいな話に感じてしまうかもしれませんが、入会してもらうために、無料体験だけは教え方が上手なコーチを使って宣伝をする事もあるようです。

そのため、どの先生が教えてくれるのか確認したうえで、選ぶことをおすすめします。

基本的な泳ぎ方を習うクラスもあれば、レベルが上がると本格的にプロを目指したコースがあるスイミングスクールもあります。

スクールによって方針なども変わってくるので、どんな子供が多いのか、一般の練習風景などもみることをおすすめします。

スクールの一般的な費用とは?

スイミングスクールの一般的な月謝は5000~1万円ぐらいが相場になっています。

ほとんどの生徒さんは週1のペースで通うことが多いのですが、週に2回通わせている人なら、その倍近い金額になるかもしれません。週に2回通わせている場合、月に10回コースなどで多少金額が安くなることもあります。

まとめ

子供のうちから始めると良いスイミングについてみてきましたがいかがでしたでしょうか。

このように、数ある習い事の中でもスイミングは、体の心肺機能を強くするだけではなく、体に負担をかけずに、バランス感覚を養い、体を丈夫にする事もできるなど、いい事尽くしです。

まずは無料体験などを見つけていってみることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA