子供のうちに英語に慣れるべき!これからの時代、英語が習い事におすすめな理由

最近ではグローバル社会が加速して、日本で働く外国人が増えてきたり、逆に日本人が世界各国で仕事の幅を広げたりと様々です。

教育でも世界共通語でもある英語に対して力をさらに入れるようになりました。

そのひとつに小学校から授業に取り込んで、海外の語学や文化に触れる機会が増えてきました。大人になってから英会話スクールに行く人も多いのですが、最近では小学校に入る前から子供に英語環境を触れさせたいと思う親御さんが増えてきたと言います。

人気の習い事の上位に英会話スクールが上がってきたのも、これからの未来には第2、または第3言語が話せることが必要になるということでしょう。

そんな英語を学ぶことについてメリットや、費用について詳しく見ていきましょう。

英語を子供時代に習うことのメリット

まず英語を学ぶメリットは、日本語と同じように世界共通言語が身につく点です。

この世界共通言語は、大人になってから子供以上に使用する機会が増えるため小さい時に身につけておくメリットは計り知れません。

以前は中学生から英語の授業が必須でした。そのため学校の必須科目として捉えている子供が多かったので、「楽しいもの」と捉えることが難しかったようです。

また、学校の授業は英会話のレッスンがなく、読み書きが中心となるため、生きた英語に触れられず、苦手意識を持ってしまう事がありました。

しかし、学校で学ぶより前から、英語にゲーム感覚のように楽しく触れてけば苦手意識がなくなってきます。

何に対しても、ポジティブな見方をしている子供の方が吸収も早いです。
また子供のときから、音や、絵などで英語に触れていくことによって、楽しく続けられます。

語学を通して、色々な国についても学ぶことができますので、興味が広がり、新しいことに関して興味が湧いたり、チャレンジ精神も出てくるでしょう。

 

英語スクール選びのポイントとは?

英語教室は大手のものから、個人の自宅などで行っているものまで幅広く、どこがいいのか迷ってしまうかもしれません。

そういったときは、まずお試しで体験レッスンに参加してみることをおすすめします。

講師も外国人か日本人によって教え方も違いますし、まだ3歳くらいのお子さんとであれば、お父さんお母さんなど、親子で参加できるものもあるでしょう。

レッスンの時間帯などもスクール選びのポイントにもなるでしょう。また、一度にレッスンをする人数も1つのポイントになります。

先生1人に対して、生徒が何人いるかによって、生徒1人にかける時間は変わってきます。大人数だとワイワイと楽しいかもしれませんが、できるだけ先生がしっかりみてくれる環境の方がいいでしょう。

一般的な費用とは?

英語教室の一般的な費用は月7000円~10000円くらいだといわれています。

入会金でまず10000円前後支払うところが多く、それに加え、教室が主催するイベントなどで多少費用がかかってしまうところもあるでしょう。

また、語学などについては日常生活に取り入れて耳から入れていったほうが覚えも早くなるので、家で、触れさせていくのに絵本やDVDなどの購入にも多少の費用はかかるでしょう。

まとめ

子供の習いごとに英語教室を選ぶメリットや費用、選ぶポイントなどを見てきましたがいかがでしたでしょうか。

今よりも、もっと英語が必要になる(英語ができてあたりまえ)時代が来ます。

でも子供には、必要だから無理やり学習するのでは無く、楽しく学べる環境で学んで欲しいものです。習得が早い子供のうちに、楽しみながらどんどん触れさせておくことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA